Q質 問

受付中 エビ剥いて切って保存する

  • 質問日時:2018/10/10 19:54:58
  • 質問者名: DSBさん
いつもお世話になります。
時間短縮のため
現地でエビを解体する事なく
切った状態で持ち込みたいと思っています。
できれば冷凍して保存した状態で現地で
回答して使えたらなと思います。
鮮度が落ちて釣れなくなるとかデメリットが
ございますでしょうか。
知っている方がいれば教えて下さい。
対象魚は味や根魚などの小さい魚です。

A 回答(2件)

回答日時:2018/10/11 22:24:17 回答者名: 又七 さん

釣具店でも冷凍エビを餌として売っているので冷凍したから釣れなくなると言うことはありません。
気にするほどのことではないと思います。
鮮魚店で売られている食用のエビも大部分は冷凍輸入されたものが解凍されて売られています。

私の経験では釣果は

生きたエビ>腐りかけたエビ>生鮮エビ>解凍エビ>茹でエビ>疑似餌(ルアー・フライ)

の順で、意外ですが腐りかけたエビは生鮮のエビよりも良く釣れます。
分解されて生じたアミノ酸が効いているのでしょうね。

小魚狙いであればパック詰めされて売られているオキアミが使いやすいのではないでしょうか?

回答日時:2018/11/01 15:00:36 回答者名: まっさん さん

> DSBさん

質問のエビはオキアミで良いですかね。
(オキアミ前提で書かせてもらいます。)

一度解凍したオキアミを再度冷凍してから解凍したオキアミは多少釣れにくくなるでしょうが、魚は食べてくれます。
それよりも、身崩れの方が心配で直ぐに取れてしまったり、針につける時にボロボロに
なってしまう事の方が心配です。

その場合、お店で冷凍庫に売っているオキアミパックがあります。
生イキくん(ヒロキュー)や、くわせオキアミVパック(マルキュー)などがあります。

こちらはオキアミに不凍加工をしているので、冷凍庫に入って居ても凍っていません。
エビの解凍しないで時間短縮と言うのであれば、市販品を使うのも手です。(但しコストは高くつきます)


コストを抑えた形にしたいのであれば、上記の不凍加工を自宅で実施する方法もあります。
作り方は人それぞれなので以下に書く手順は凄くざっくりな方法ですので、ご自身でも調べてみてください。
※ 検索キーワード:加工オキアミ 作り方 など。

作成例としては、オキアミブロック(300gとか500g)を冷蔵庫でゆっくり解凍させます。
解凍したら塩を半カップ程度振りかけて混ぜ合わせます。
混ぜたオキアミを1時間程度~半日程 冷蔵庫に入れて寝かせます。(汁が出るのでザル等に入れてください。)

寝かせている間に、砂糖(大サジ1)、ミリン(大サジ1)、味の素(大サジ1)、はちみつ(1カップ)を入れた漬け汁を作ります。
※ 漬け汁を調合する際には、温めた方が混ざりがよかったりしますが、その場合は漬け汁を冷ましておいてください。
※ 漬け汁はオキアミの量によって増やしたり、指がべた付くのを嫌って砂糖を入れないなど色々なこだわりが皆さんありますのでネットで調べてみてください。

寝かせたオキアミを漬け汁をひたひたになる程度にして、更に一晩冷蔵庫で寝かせます。
翌日漬け汁をザルで水切りすれば完成になります。

このオキアミをラップ等で小分けにして冷凍庫に入れておけば、凍らずに直ぐに使えます。
自分の場合は、漬け汁を工夫してますが1年程度冷凍庫に入れていても使えますし釣ってます。
上記の分量でも1-3ヶ月は大丈夫です。

ただ読んで頂けたら分かるように自分で加工オキアミ使うとかなり手間がかかります...
こだわると楽しいのも釣りの魅力ですので、ご自身の釣行回数などを鑑みてどの方法が最適かご判断くださいね。

回答日時:2018/11/01 15:02:18 回答者名: まっさん さん

剥いて切っての部分を書き忘れていました。
剥いて切ってをする場合、塩をまぶす前にやるとやり易いです。

関連Q&A

twitter facebook
ページTOPへ