Q質 問

受付中 夏場の水分補給について

  • 質問日時:2018/07/22 19:09:39
  • 質問者名: BBYNさん
本格的に熱い夏到来!しかも連日猛暑日が続いていますが、皆さんの効果的な水分補給方法を教えてください!!
夏の釣りは暑さと発汗もあり水分をグビグビいってしまい、気がついたらお腹がタプンタプン、そして喉は乾くけどやっぱりお腹がタプンタプンで飲んでも飲んでも渇きが癒されません!
ちなみに私はスポーツドリンク系は甘すぎて余計に喉が乾くので、麦茶を愛用していますが、糖分や塩分など、最近ではいろいろな情報もあり結局のところ何がいいのか分かりません!
みなさんの夏場のおすすめをご教示いただければと思います!

A 回答(2件)

回答日時:2018/07/25 12:58:06 回答者名: 釣りきっっあん さん

自分はですが、
日焼けで体温上昇防ぐ極力肌を露出させないようにし(長袖はスポーツ用のメッシュっぽいので吸汗・速乾・クール系の長袖上下に同素材の半袖半パンで、たまに海に入っちゃったり^^;)、1L位のスポーツドリンク&お茶(500ml×2本)持って行ってます。
汗をかくと塩分抜けるので、基本的にスポーツドリンク系は持っていた方が良いと思います。

一番はメッチャ早朝(自分は3~4時位に現場到着・・・深夜か?)に出撃し、7時、遅くとも8時位までには終わる感じが一番ダメージ少ないかな~と思います!
その後はクーラー効かせてぐっすり眠っちゃいますが…^^;

回答日時:2018/07/27 19:54:30 回答者名: 又七 さん

飲んだ水は胃を通り過ぎて小腸で吸収されるのですが、胃から十二指腸へ送られる水分は概ね15分で200ml程度と決まっており、これを超えるペースで水分補給すると胃に水が貯まって腹がタプタプになってしまいます。
ですからこの量を目安に少しずつこまめに水分補給するのが良いでしょう。

とはいえ、夏場に激しい運動をすると30分で1リットルくらい汗を掻くこともあります。
そうなると15分で200mlの水分補給では間に合わなくなります。
ですから、多量に汗を掻くことが想定される際には事前に多めに水分補給しておき、あとは時間を気にしながらこまめに水分補給するのが腹をタプタプにしないコツです。
また、汗をたくさん掻くと塩分も失われてしまい、これが酷くなると自発性脱水といって水を飲んでも水分が体内に吸収されない状況になります。こうならないためにも塩分も適度に摂取する必要があります。
簡単なのはスポーツドリンクの粉末を購入して処方の半分くらいの濃度になるように薄めに溶かすのが良いのですが、スポーツドリンクが苦手であれば、ミネラルウォーターをこまめに飲みながらダイレクトタイプのクエン酸&アミノ酸サプリメントや塩のタブレットを適度に摂取するのが良いと思います。

もう一つ気にしないといけないのは飲み物の温度です。
キンキンに冷やした飲み物は胃を収縮させてしまい水が十分に飲めなくなってしまいますので、なるべくなら常温で持ち歩くことをお勧めします。冷やすにしても15℃まででしょう。
どうしても冷たい飲み物が飲みたいと言うことであれば、キンキンに冷えた飲み物を口の中に溜めて冷たさを楽しみながら少し温度を上げた後に飲み込みましょう。

水分の不足は熱中症だけでなく脱水症状から脳梗塞を引き起こす恐れもありますので、こまめな水分補給を心がけてその日の釣りを楽しく終えたいですね。

関連Q&A

twitter facebook
ページTOPへ