Q質 問

受付中 エギング、ギャフ派?タモ派?

  • 質問日時:2016/11/26 19:58:37
  • 質問者名: もりもっこさん
みなさんこんにちは(^_-)
波止や地磯エギングで大きいのが釣れた時は、
ギャフ使いますか?
タモ使いますか?

それぞれのメリットやデメリットがあれば教えて下さい^_^

A 回答(10件)

回答日時:2016/11/26 20:20:43 回答者名: 岡ムー さん

はじめまして。
私はタモがメインです!
基本リリースとしてるので、ギャフ打っちゃうと死に絶えてしまう為…
デメリットは邪魔…
メリットはタモに入れちゃえば捕獲率100%!
ギャフだと刺さりが甘いとポロリがありますからね…

回答日時:2016/11/26 21:00:29 回答者名: taku さん

こんばんわ、私は完全タモ派になりました♪
以前はギャフの軽快制、カッコ良さに憧れ手を出しましたが数回捕り逃しを(T_T)またギャフの傷から墨が回ったのか身が変色してたことも。ギャフの方がランディング時警戒心を与えないとか聞きますが、足元まで寄せ後方から網を入れればギャフよりもタモの方が落とさない安心感はあると思います♪リリースサイズでも傷つけず帰せますし、予想外の魚にも対応できます♪

回答日時:2016/11/27 08:50:04 回答者名: よしろ さん

どうも。もりもっこさん。


ギャフか玉網かといえば、自分はどちらとも使います。
スミマセン。質問の答えにはならないかと思いますが。
チョイスはポール(玉の柄)の長さで決めてます。5m位までのポールはギャフ。
6mクラスになれば玉網。

ランディング
5mまでであれば、ギャフ打ちも一人で大丈夫かと思いますが、6mクラスになればギャフでは狙いが定まらないのでギャフは難しい。玉網のランディングの正確さはギャフとは比べられないぐらい正確です。

持ち運び
邪魔にならないのはギャフです。重量に関しても、ギャフにはかないません。

以前ランディングツールが短かった為に、デカイカを逃がした経験があるので、ランディングツールにはこだわりがあります。

自分は結果的に両方必要なので、予算に余裕がある時に少しづつ購入して、3mと4mはギャフ。6mは玉網を持ってます。3本も揃えてるのは、釣場で最適な長さと持ち運び等でチョイスしているので、3種類の長さが必要になりました。

回答日時:2016/11/27 11:58:59 回答者名: 烏賊泥棒しげ吉 さん

個人的に、ギャフを愛用してます
玉網だと網の縁でたまにバラす事があり

回答日時:2016/11/27 19:17:42 回答者名: スタイカリスト さん

私も両刀使いです(笑)

歩き回る時、水面迄の距離が近い場所では、ギャフ

足場が高い場所、夜暗い場所、コウイカ狙いの時は、タモです。

だから、シーズン中は、4.8のギャフと、5.0と6.3のタモを、車の中に、常に入れて、状況にあわせて使い分けてます。

回答日時:2016/11/28 11:56:51 回答者名: 瀬戸風 さん

以前も同様の質問があり回答した内容を
少し編集しました。

今迄はタモでしたが、
今季烏賊に墨を掛けられ墨とネバネバで車の室内は異様な臭い
それから、ギャフへ検討していました。

実際に、ギャフでの取り込みは実績が無かったのですが
使用した感じ、自分には使い難かったです。
高低差のある防波堤もあり
干潮時の為上に引き上げる動作が出来ない。

タモ派
掬うコツとしては、烏賊の視線に入らない様に上手く海面にタモを入れると
逆噴射なく掬えます。
方向さえ合わせば、烏賊自らがタモに入っていく感じ
コツとしては烏賊を寄せる前に、海中に半分タモを入れておく
ギャフと違い、烏賊にダメージもありません。

マイナス要素
ナイロンのタモだと、エギのカンナが絡む、墨が落ちにくい
シリコン、ラバー製のネットだとこの辺りは問題ないかも知れません。
移動時に、嵩張る。が最大のデメリット

ギャフ派
移動時には嵩張らないので、背中に背負って釣りをしても支障なし

コツさえわかれば取り込みは、間違いなくタモが良いです。
ギャフの両方を使用しましたが、自分ではタモ派です。

回答日時:2016/11/28 12:21:05 回答者名: ケンケイパパ さん

ギャフ派です。
基本的に、ギャフをかけるのはサイズ的にも800~1kg以上だと思います。(私は、そんなに釣れないのですが・・・)
そのくらいのサイズは私は持ち帰りたいので、ギャフにしてます。
また何より、携帯性が良いのがギャフの利点だと思います。
足場の低い3m未満とそれ以上の高いところで長さ違いのギャフを2本を使い分けています。
今のところギャフの失敗により、逃がしてしまった経験は無いので不便を感じた事はありません。
ネットは長くなればなるほど、頭が重たくなりコントロールが難しい点があり、その点はギャフの方が私は若干容易ではと感じています。

回答日時:2016/11/29 21:53:29 回答者名: パーマン さん

私はギャフ派ですまえはタモでしたが自分は地磯が多く山をくだるのでできるだけコンパクトになりかつ枝に引っ掛からないようにギャフですイカの産卵期になる3月ごろから6月はハンドキャチしてメスは逃がします

回答日時:2016/12/22 10:45:08 回答者名: ケイ@烏賊人 さん

もりもっこさん

始めまして、私はギャフ派です
エギングは移動することも多いので、タモに対し邪魔になりにくいのと

磯で使用するときに、タモだと引き波とかの影響を受け、水面に入ると重いです。

烏賊は魚と違いバックするので、タモが烏賊に近づいた時、烏賊が驚いてバックして
ドラグが出てしまうと、もう一度ランディングのタイミングに持ち込むまで
片手でタモの重さに耐えつつ、リールを巻かなければならず大変です。

波の影響を受けにくく、入れなおすのも簡単なことからギャフにしました。

リリースサイズは抜けるので、ギャフは使用せず、そのままノータッチリリースを心がけてます

ギャフのデメリットは、青物やシーバスが回遊してきたときに
ランディングが難しいことぐらいだと思ってます。


回答日時:2017/02/18 00:19:29 回答者名: 北さん さん

ギャフかタモかは各アングラーのエギングスタイルによって違うのではないでしょか。ランガンで移動好きなアングラーには携帯性の優れるギャフが良いですし、ナブラを見たら、イカの時合ではないなと感じたらすぐジグを投げ込むアングラーだとタモ派になるのではないでしょうか。私はジグをほとんど使いませんのでギャフを愛用してます。ただギャフはある程度、慣れが必要なので最初は他の人にギャフ入れを手伝ってもらった方が無難です。また足場の高さによって短いギャフと長いギャフを2本持っていると使いがってが良いですよ。

関連Q&A

twitter facebook
ページTOPへ